保険営業 とっておきのノウハウは最初の一言

保険営業は、とても難しいと言われます。

電話を使って顧客にコンタクトをとった時も、飛び込みで家を訪れた時も、保険営業の人だとわかった途端に、電話やインターフォンを切られてしまうことも多いのです。

毎日電話や訪問を頑張って、それでも断られることが続くようでは、すぐに仕事に行き詰ってしまうでしょう。

とっておきの保険営業のノウハウを覚えて、仕事をやりやすくしましょう。

保険営業のノウハウに難しいことはありません。

基本はとてもシンプルです。

重要なポイントは、最初のひと言なのです。

間違えても、すぐに電話やインターフォンを切られてしまうような言い方をしないことです。

とてもソフトに「万が一の備えは十分ですか?」と訪ねてみましょう。

もしも、相手が興味を示してくれたら、最近起こった具体的な事例を示してみて下さい。

十分だと思って安心していたら、いざけがや病気で入院した時に満足な補償が得られなかった。という具体的な話です。

プリントにまとめてあるとわかりやすいですね。

相手がすでに加入している商品の内容に、不安を感じ始めたら大成功です。

保険営業のノウハウは最初のひと言。

それから、具体的な事例を示すことです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています