保険営業の新規開拓をしたいのなら、相手の話を聞くこと

保険営業の新規開拓をしたいのなら、無駄な動きをしないことです。

やたらと住宅街を歩いてみたり、電話をかけまくったりしても当たりは少ないでしょう。

冷たい対応を受けて嫌な思いをするだけです。

それでは無駄な動きが多すぎます。

大切なことは、徹底した事前のリサーチです。

保険営業の新規開拓は、釣りに例えて考えるとわかりやすいです。

魚が泳いでいない池や海にいくら釣り糸を垂らしても、魚は釣れません。

また、えさ選びも重要です。

魚を釣るのに、犬のえさを使っても、付いてきてはくれないでしょう。

保険営業の新規開拓をしたいのなら、まずは見込客が多そうなエリアを徹底的に洗い出しましょう。

例えば、分譲されたばかりのマンションや住宅地なら、若い夫婦が住んでいるでしょう。

新規契約の見込みがあります。

次に、見込客がどんな商品を希望するかを分析するのです。

興味を持ってもらえそうな商品をピックアップするのです。

徹底的な下調べをしたうえで行動に移るようにすると良いでしょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています