保険営業の方法の基本は、相手の話を聞くこと

保険営業の方法は難しいと思ってしまいがちです。

確かに、ただ売ろうと思って話をしてもうまく行くことはないでしょう。

今の世の中で、簡単に物を買ってくれる人はそんなに多くありません。

特に保険営業の人に対してはまず警戒する人が多いのではないでしょうか。

基本的な保険営業の方法は、商品の説明をすることではありません。

相手の話を聞くことです。

たとえ30分を過ぎたとしても、徹底的に相手の話に耳を傾けるのです。

すると、相手の悩みが見えてきます。

できたら、どんなことで困っているのか、話を誘導できると良いですね。

相手の話を聞く姿勢を、基本的な方法に決めておくと、かえって保険営業がしやすくなります。

どんなところから、相手を攻めたら良いかがわかるからです。

例えば、子供の教育費にいくらかかるのか不安を感じている若い夫婦がいたと想定します。

それなら、安い掛け金で教育費を賄える商品を勧めると良いでしょう。

相手の悩みが分かれば、商品の選び方と勧め方が見えてくるはずです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています