保険営業の営業能力をつけたいのなら、まずは知識を付けること

保険営業の営業能力を上げたいと考えているのなら、まずは知識を付けることです。

自社商品に関することや、保険全体に関する基礎知識がまず重要な項目です。

会社の研修で教えてもらえることだけでは不十分です。

他の担当者と差別化することができません。

関連書籍を手に入れて自分で勉強してみるなど、他の人より詳しくなる必要があります。

そして、自社商品や業界内の知識だけ増やしても、保険営業の営業能力を上げることは難しいでしょう。

社会情勢や、経済状況についても高いアンテナを張っておきましょう。

色々なニュースに詳しくなると、会話の糸口を増やすことができます。

初めてのお客さんともスムーズに話を進めやすくなるでしょう。

それから、お年寄りをターゲットに保険営業の営業能力を上げたいのなら、現在のお年寄りの悩みについてリサーチしておくことです。

年金のことや介護保険の知識を付ければ自然に見えてくるでしょう。

若い夫婦をターゲットにしているのなら、子育て世代の悩みに詳しくなるのです。

教育制度や保育所問題の知識を付ける必要があります。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています