保険営業のコツは、駆け引きのバランス

保険営業のコツは、駆け引きのバランスです。

バランス感覚さえ磨けば、うまく行く確率が高くなります。

押してばかりいてはだめなのです。

かと言って、引いてばかりの消極的な営業では、望みは薄いでしょう。

押すことと引くことのバランスがとても重要です。

押すこととは、商品を強く勧めることですよね。

仕事ですから、結果が欲しいのは当然のことです。

でも、あまりに押しが強いと、逆にうまく行きません。

お客さんがゆっくり考えることができないからです。

納得できないまま押されていると、お客さんは離れて行ってしまうでしょう。

そして、すぐに引いてしまうのも考えものです。

高額な商品を契約する時に、簡単に購入を決められる人はいません。

誰もがまず断りのセリフを口にするはずです。

そこで完全に引かずに様子を見るのが、保険営業のコツと言えます。

商品を進めてみたら、次は引いてみて下さい。

つまり、しばらく時間をおいて相手に考える時間を与えるのです。

引いた後は、再び押す段階です。

もう1度、商品のメリットを説明します。

保険営業のコツは、押すことと引くことをバランス良く繰り返すことです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています