保険営業の営業トークは、子供に対する会話から学ぶ

保険営業の営業トークについて学びたいのなら、良い方法があります。

親が子供に勉強させたい時の会話を思い浮かべるのです。

想像してみて下さい。

頭ごなしに「勉強しなさい。」と言って、子供はやる気を出すでしょうか?

逆に勉強が嫌いになってしまう可能性が高いですね。

本当に、子供に勉強させたいのなら、勉強に対する興味や好奇心を持たせる方が賢明です。

「この本すごく面白いよ。一緒に読んでみない?」と誘ってみるのも良いでしょう。

「お母さんと計算の競争をしてみよう」と一緒に取り組むのも良い方法です。

保険営業の営業トークにも同じことが言えるのです。

最初から商品の話をしたら、相手は引くばかりです。

それよりも、商品や補償に興味や好奇心を持ってもらえるように話す必要があります。

例えば、最近経験した具体的な保険金の支払い事例を持ちだすのも良いですね。

保険営業の営業トークに悩んでいるのなら、子供の勉強を思い浮かべて下さい。

きっとヒントになるでしょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています