電話営業だからこそ、笑顔で話す

保険営業には色々な種類があります。

電話営業のほかに、飛び込みや訪問などですね。

そして、相手にこちらの表情は見えない電話営業こそ、笑顔で話すことが大切です。

理由はどこにあるでしょうか。

保険営業は、うまく行くか失敗に終わるかは、最初の1分にかかっているそうです。

特に、電話営業の場合は、最初のひと言で運命が決まるでしょう。

話し始めの印象が悪かったら、すぐに電話を切られてしまいます。

こちらが名乗らないうちに、受話器を置かれてしまうかもしれません。

笑顔で話しているかどうかは、受話器を通して必ず伝わります。

顔が見えないからと安心して、疲れた顔で話していてはうまくいきません。

仕事がうまく行かずイライラしていれば、苛立ちは電話線を通して、相手にダイレクトに伝わってしまうのです。

保険営業を行うなら、笑顔を心がけるのは、基本的な事柄です。

特に、お互い顔が見えない電話営業の場合に当てはまるのです。

表情は、必ず声に出ることを忘れないようにしましょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています