保険営業におけるコンサルタントの仕事とは

保険営業においても、コンサルタントとして顧客の相談に乗れなければ、生き残ることが難しい時代だと言われています。

税理士や、弁護士にも同じことが言えるそうです。

それでは、保険営業においては、一体どんなことをすれば良いのでしょうか。

こちらから情報を提供するのではなく、顧客からの相談を待っているだけでは、コンサルタントとは言えません。

また、顧客が抱えるリスクと、リスクに対する補償を説明するだけでも不十分なのです。

まずは顧客の健康状態や年齢、家族構成、社会的地位などから、予見できる問題点やリスクをリストアップします。

次に、不慮の事態が起きた時の解決方法と必要な保障額についてもはっきりさせるのです。

顧客が、自分では気が付くことができない将来のリスクを明確にし、被害を最小限に食い止めるための対策を講じるのが重要な役割なのです。

コンサルタントは、保険営業ならではの専門知識を生かして、顧客の役に立つ情報を提供しなければなりません。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています