保険営業の戦略は、2段階に分けて考える

保険営業においても、戦略は2段階に分けて考えなければなりません。

1段階目は「目的をはっきりさせること」です。

2段階目が「目的を達成するための対策を講じること」なのです。

保険営業がうまくいかない人の多くは、戦略を2段階に分けて考えていないようです。

1段階目の「目的」はできるだけ具体的でなければなりません。

しかも、同じ戦略で複数の人が行動するのであれば、メンバー全員が納得し、確実に理解している目的でなければならないのです。

目的があいまいでは、的確な対策を建てることはできません。

業績を上げることもできないでしょう。

2段階目の「対策」は、1つではなく複数の案を用意すると良いでしょう。

しかも、確実に効果が上がる裏付けのある案と、斬新でこれまで経験のない案との両方があると理想的です。

いつまでも同じ戦略で保険営業を行っていても、行き詰ってしまうことがあるからです。

思い切って新たな手法を取り入れたほうが、発展性があります。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています