保険営業とは、お客様の悩みに答えること

保険営業をひと言で説明してみて下さい。

一体どんな仕事なのでしょうか。

「保険商品を販売すること」でしょうか?

商品を売っていることに間違いはありません。

でも、「売ること」を仕事だと考えているのなら、根本的な間違いがあります。

保険営業の仕事は、保険商品を「売ること」ではありません。

お客様の悩みに応えることです。

けがや病気になった時の治療のことや、その間の家族の生活のこと、月々の保険料の支払いのことや、相続の問題など、お客様の悩みを察知して、解決のお手伝いをすることが保険営業の仕事です。

お客様の納得できる解決方法を提示することができた時に、結果として商品が売れるのです。

一方的にただ「売ること」に夢中になっていたら、お客様の気持ちは分かりません。

相手の悩みを理解し、一緒に考えて行く過程で、初めてやりとりは一方的ではなくなります。

まずは、相互的なコミュニケーションを成立させることです。

「売ること」ばかり考えていると、商品は売れないのです。

相手の気持ちを理解することから始めた時に、流れが変わり始めます。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています