保険営業担当者の苦手なこと、第一位は?

ある調査によると、保険営業に携わる人たちが苦手だと感じることの第1位は、「テレアポ」なのです。

テレアポ、つまり電話で面会するアポイントを取ることですね。

保険営業の最初の関門と言えるかもしれません。

見知らぬ人に電話をかけ、会ってもらえないかと交渉をするわけです。

良い返事をしてくれる人はおそらく稀でしょう。

ほとんどの場合、あっという間に電話を切られるか、冷たく断られてしまうのではないでしょうか。

保険営業で受話器を握るたびに嫌な思いを繰り返していると、テレアポが苦手になってしまいますね。

無理もないことです。

それなら、苦手なテレアポが少しでも好きになる、とっておきの方法をお教えしましょう。

答えは簡単です。

「会話を楽しむこと」ですね。

約束を取り付けなければならないと、気持ちが焦っていると相手に伝わります。

それよりも、会話を楽しむことを念頭に置くのです。

断られても、それほど気にならなくなります。

保険営業の人達も、苦手を克服することができます。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています