保険営業の服装に、個性はいりません。

保険営業の時の服装に、個性は必要ありません。

きちんとプレスされたビジネススーツに、清潔でアイロンの当たったワイシャツとネクタイ、きれいに磨かれた皮靴が基本です。

保険営業の方が、服装でお客様に伝えなければならないのは誠実さと清潔な好印象です。

個性ではありません。

保険営業に従事していると言うのに、わざわざ派手なスーツを着ていたり、濃い色のワイシャツを着ていたら、どんな印象を受けるでしょうか。

信頼できる人だと感じられるでしょうか。

保険は人生で1番目か2番目に高い買い物であると言われます。

高額な買い物を任せるにはふさわしくないと、判断されてしまうのではないでしょうか。

保険営業で個性を出すのなら、服装ではなく会話のスキルや話し方を磨きましょう。

一方的に商品を説明するのではなく、説得力がある話し方が理想できです。

しかも、押しつけたような言い方をしてはいけません。

無難でも誠実な印象を受ける服装をしていて、しかも納得できる説明ができれば、きっと良い成績を上げることができるでしょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています