保険営業に役立つ本

保険営業の役立つ本を探しているのなら、とっておきの1冊があります。

保険営業となった元大リーガーが書いた本で、1960年に発売されたものです。

初版当時からベストセラーとなり、50年以上がたった今でも売れ続けているのです。

すでに、30版近くになるそうです。

著者の元大リーガーは、野球の才能を認められ将来を嘱望されていた選手でした。

しかし、大けがをしてしまい、野球が続けられなくなります。

失意のうちにユニフォームを脱ぎ、全く別の世界で生きることを決意します。

そして選んだ道が、保険営業だったのです。

これまで突き進んできた野球の世界とは、無縁の業界でありながら、彼は有名なトップセールスマンになるのです。

彼がどうやって失望のどん底から立ち上がったのか。

どうやって保険営業で成功を収めたのか。

など、彼の人生が分かりやすく、説得力のある言葉で綴られている自伝本です。

人生や仕事に対する考え方が大きく変わるほど、影響を受ける人が多い本だと言われています。

ご自分で読まれるのはもちろん、贈り物にもお勧めできます。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています