保険営業における顔と髪型のマナー

保険営業における、顔と髪形のマナーをご存知ですか?

とても基本的なことでありながら、忘れてしまいがちなのです。

男性にも女性にも共通して言えることですので、見直しておきましょう。

まず髪形ですが、色を抜いたり染めたりするのはお勧めできません。

色が明るくなればなるほど、軽い人間に見られてしまいます。

信頼感が必要な保険営業にはふさわしくないのです。

髪は本来の色にしておくか、染めるにしても、高感度の高い暗めの色にしておきましょう。

また、男性の長髪は歓迎されません。

長くても肩に着くようになったら、すっきりとカットして下さい。

女性の場合も同じことが言えます。

肩より長くなったら、まとめると好感度が高いです。

それから、保険営業の顔に関するマナーです。

眼鏡をかけるのなら、地味でオーソドックスなデザインを選んでください。

宝石入りのものや、派手な色のものは保険営業にふさわしくありません。

堅実なイメージがないからです。

もちろん、色つきのレンズはマナー違反です。

薄めの色でも、やめておきましょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています