保険営業でやる気を保つための秘策とは

失敗が続くと、人はやる気を失いがちです。

保険営業でも同じことが言えますね。

なかなか契約が取れず、しかも話も聞いてもらえないようなことが続くと、すっかり意気消沈してしまうでしょう。

それでは、保険営業でやる気を保つための秘策をお教えしましょう。

まずは、日記を付けることです。

1日に数行で良いので、感じたことを記録していきます。

できれば、楽しかったこと、おいしかったもの、嬉しかったことなど、前向きな内容がお勧めです。

どんなに落ち込んだ日でも、1日に1つくらいは良かったことが見付けられるはずです。

例えば、電車の窓から見えた花がきれいだったこと。

お昼ごはんに食べたラーメンがすごくおいしかったこと。

それから、お子さんが可愛い笑顔を見せてくれたこと。

小さいことでかまわないのです。

保険営業には関係ないことのほうが良いかもしれません。

1日の終わりに日記を付け、明るい話題でその日を終わることができると

次の日もやる気を持って迎えられます。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています