保険営業で使える話題

保険営業に出かける時には、会話の糸口になるような話題を用意しておくと良いでしょう。

一体どんな話題を選べばよいのでしょうか。

もちろん、訪問する相手の年齢や状況によって違うものを用意する必要があります。

共通して言えることは、まずタイムリーな話であることです。

その時、世間で騒がれている事件や出来事を取り上げなければ意味がありません。

昔の話を持ち出しても、相手は知らないかもしれません。

また、あまり説得力もありませんね。

保険営業の相手がお年寄りで、しかも老人だけの世帯ならば、介護や遺産相続に関する事件や出来事を取り上げてみてはいかがでしょうか。

それから、相手が若い女性なら、タレントや芸能人が、女性特有の病気にかかったニュースなどを取り上げても良いでしょう。

大事なことはタイムリーでしかも誰もが知っているニュースであることです。

そして、相手にとって関心の高い話題が良いのです。

しかも話題の結論を、うまく保険営業に結び付けられなければなりません。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています