保険営業の離職率が8割を超えるって本当?

ある調査によると、保険営業の離職率はなんと8割を超えるそうです。

それも、就職してから2年から3年以内の、比較的早い時期に退職を決める人が多いと言われています。

本当なのでしょうか。

現在日本には、国内企業と外資系企業の両方の保険会社が数多くあります。

離職率に関するデータはありますが、業界の全ての会社を対象にして、調査を行ったわけではないでしょう。

ですから、本当の数字ははっきりしないと考えられます。

確実なことは、どんな業界でも早く辞める人もいれば定年まで勤め上げる人もいる。

と言うことです。

早く辞めた人は、保険営業の仕事に適していなかっただけなのかもしれません。

あるいは、自分で代理店を始めるために、辞めたのかもしれません。

保険営業の仕事を始めようかと迷っているのなら、離職率を気にし過ぎない方が良いでしょう。

会社によっても、状況は違います。

楽しく働いている人もいます。

仕事を長く続けられるか、続けられないかは、自分次第でもあるからです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています