保険営業に保険の相談をするときに、準備する書類

保険営業の担当者と、いよいよ会うことになりました。

これから入ろうかと考えている保険の相談をするためです。

どんな書類を持参したら良いのでしょうか。

どんな準備をしていくと、スムーズに話が進むのでしょうか。

まず1つは、すでに加入している他の保険があるのなら、証券を持参しましょう。

どのくらいの補償を設定するのか、決める時に必要になります。

すでに他の商品である程度の補償が用意されているのなら、その分は差し引いて考えることができます。

自分自身が加入している分だけではなく、ご夫婦ならパートナーの分まで、ご両親と同居しているのなら、ご両親の分の証券書類も持参して下さい。

自分では入っていなくても、家族が加入している商品に、特約の形で、自分の分の補償が付帯していることがあるからです。

最初に、保険営業の担当者に会う時には、証券以外の書類は必要ないでしょう。

あまりに色々な書類を見せてしまうと、まだ加入も決めていない保険営業の担当者に、個人情報を広く知られてしまうということもあります。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています