生命保険営業には、どうして女性が多いのか

疑問に感じたことはありませんか?

生命保険営業には、圧倒的に女性担当者が多いですね。

どうしてなのでしょうか。

生命保険営業に女性担当者が多い理由には、歴史的な背景があるそうです。

第二次世界大戦後、たくさんの男性が戦死し、日本にはたくさんの未亡人が誕生しました。

女手一つで、残された子供たちを育て、自分の生きていくためには、懸命に働くしかありません。

そこで、多くの未亡人たちを救うために、大手生命保険会社が保険営業担当として雇用したのです。

これがきっかけなのです。

歴史的な背景もあり、日本では今でも生命保険営業として働く女性が多いです。

特に、日本の企業の場合は、男性がほとんどいない場合もあります。

そして多くの場合、女性たちは会社に雇用されているわけではなく、単に業務契約を交わしているに過ぎません。

ですから、毎月決まった給料がもらえるわけではありません。

あくまでも契約が成立した分だけの歩合制です。

形態としては、1人ひとりが自営業者なのです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています