保険市場は、どうして頭打ちにならないのか

人口が減っている日本で、どうして保険の市場は頭打ちにならないのでしょうか。

次々と新しい商品が発売されていますが、果たして売れる目算はあるのでしょうか。

疑問に感じることはありませんか?

確かに、日本では、人口が減り続けています。

保険営業が、年々厳しい状況に追い込まれていることも事実のようです。

従来型の、働き盛りの男性を支える総合タイプの商品は、確かに、これ以上売れ行きが伸びないかもしれません。

市場は頭打ちと言えます。

でも、少子高齢化が進み、社会構造や求められるサービスや補償も変化しています。

例えば、高齢者向けの医療サービスを充実した商品や、介護に着目した商品、子供向けの商品など、新たに需要を見込める市場もあるのです。

保険営業の担当者たちは、まだ伸びしろのある分野に目を向けているようです。

だから、新たな商品が次々に発売されるのでしょう。

ニーズを的確にとらえ、ターゲットを定めて保険営業を行っている会社は、頭打ちにならずに済むのではないでしょうか。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています