保険営業担当者の勧誘を、上手に断る方法

保険営業担当者の勧誘を、上手に断るには、どうしたら良いのでしょうか。

全く知らない相手ならともかく、知人や友人が保険営業担当者で勧誘された場合は、断り方が難しいですよね。

スマートな言い方をしないと、その後の人間関係にもひびが入ってしまいます。

もしも、知り合いなど断りにくい相手に誘われているのなら、入る気がなくても1度は最後まで相手の話を聞いた方が良いでしょう。

いきなり断ったり電話を切ったりするのは、お勧めできません。

そして、話を聞いても入る気がないのなら、はっきり返事をするべきです。

断るのが悪いからと煮え切らない答えを繰り返していると、相手も判断に困るのです。

はっきりと断られれば、次のお客さんへの保険営業に時間を割くことができます。

答えを伸ばすのは、相手の時間も無駄にしてしまいます。

相手を傷つけないように、言葉は選ぶ必要がありますが、意思表示ははっきりして下さい。

勧誘の話を最後まで聞いてもらったうえで断られたのなら、保険営業の担当者も気持ち良くあきらめることができるのではないでしょうか。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています