保険営業の仕事には、簡単に就けるのでしょうか?

保険営業の仕事には、簡単に就けるのでしょうか。

勧誘に会社や事業所、個人宅を回っている担当者の中には、年配の女性もいます。

そうかと思うと、保険営業の求人広告には、細かい条件が設定されていることもあります。

年齢や性別に関係なく、比較的簡単に就ける仕事なのでしょうか。

あるいは、なかなか就けない狭き門なのでしょうか。

答えは、勤務先の会社によって大きく違うようです。

会社によっては、20代の若い方から50代まで応募できる場合があります。

学歴や性別も問われません。

ただし、簡単に就ける場合は、正社員として雇われるわけではなく、業務契約を結ぶだけのことが多いようです。

逆に、応募するにも、大変厳しい条件が設定されている場合もあります。

大学卒か同等の学歴が必要です。

年齢は30代後半までとされています。

独身よりは、妻子のある方が有利になることもあります。

生活が落ち着いていると判断されるのでしょうか。

健康状態も、細かくチェックされます。

保険営業の仕事で正社員になろうと考えるのなら、簡単に就ける仕事ではないでしょう。

単なる契約社員や業務契約を結ぶだけなら、比較的簡単なこともあるでしょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています