保険営業を成功に導く気が利いた手土産とは?

保険営業を成功に導く、気が効いた手土産とはどんなものだと思いますか?

一般的にビジネスに使われるのは、立派な箱入りのお菓子が多いのでしょうか。

確かに正式な場面では箱に入った菓子折が必要です。

でも、ちょっと訪問した時には、もっと手軽でしかも喜ばれるものがあるのです。

例えば、真夏の暑い日に保険営業に出かけるのなら、相手の人数と自分の分を合わせた本数の冷たい飲み物がお勧めの手土産です。

近くのコンビニか、自動販売機で買えば良いのです。

できるだけ近くで買えば重くないし、良く冷えたものを手に入れられます。

缶よりはペットボトルがお勧めです。

全部飲みきれなくても、持ち帰りができるからです。

冬の寒い日に保険営業に出かけるのなら、少し上等のみかんを袋で手土産に買っていくのはいかがでしょうか。

おいしいみかんを温かい日に食べると、本当においしいものです。

気の利いた手土産を選びたいのなら、こちら側の都合ではなく、もらう側の立場に立って考えることが大切です。

どんなものが嬉しいか想像してみると答えが出るはずです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています