保険営業で、お客様とトラブルになった時の対処法

保険営業の途中でお客様とトラブルになった時には、とりあえずお客様のもとへ駆けつけるのが基本です。

かなり遠方でどうしても行けない場合や、外せない予定が入っている場合には、翌日でも良いのでなるべく早く訪問します。

トラブルが起きた時お客様は、かなり怒っているかもしれません。

でも、直接足を運んでもらったことで、だいぶ気持ちが鎮まることが多いようです。

保険営業側に明らかな非がある場合には、勝手に判断せず、上司の判断を仰ぎましょう。

場合によっては、上司と共に先方を訪問することになるでしょう。

値の張るお土産を持参するように指示されるかもしれません。

電話で話しているだけで、保険営業の担当者が自分から動かずにいると、お客様の不信感は倍増します。

小さなトラブルも、大問題に発展してしまうかもしれません。

また、細かい話になると電話ではお互いの意思を伝えきれない心配もあります。

やはり直接顔を見て、目の前で頭を下げて謝罪することが重要です。

誤解を解くにも、顔を見て話した方が良いのです。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています