保険営業の担当者を交替してほしい時

保険営業の担当者と話をしていて、どうしても合わないと感じることもあります。

相手の態度に誠意が感じられなかったり、こちらの希望をうまく理解してもらえなかったり、このまま契約に進むのが、不安に感じる場合です。

どうしても合わないと感じるのなら、保険営業の担当者を交替してもらうこともできます。

交替まで行かなくても、上司に同行をお願いする方法もあります。

いずれにしても、困っている現状を、担当者の上司に相談してみることをお勧めします。

なぜなら、保険は高額な買い物だからです。

月々の掛け金はそれほど高くなくても、毎月、何年も払い込むことを考えると、最終的には自宅に続くようなお金を支払うこともあります。

それから、サービスや補償の内容が目に見えません。

車や家ならば目に見える買い物ですが、目に見えないサービスにお金を払うのです。

他の買い物以上に慎重になるべきと言えるでしょう。

それには保険営業の担当者と意思の疎通が図れていなければなりません。

コミュニケーションに問題があると感じる時には、遠慮せずに交替をお願いしましょう。

プロフィール
中山マコト
中山マコトです。キャッチフレーズには、運命を変える力があります。言葉にこだわりを持ち続け、数々の著書を出してきました。たった一言、名刺に肩書を付けるだけで、売れっ子になりたいというあなたの願いを実現することができます。
主な著書
バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本
キャッチフレーズというテーマでベストセラーになりました。

名前買いを起こせ
一瞬でお客さんの足を止めるネーミング、キャッチフレーズ、POPの作成のポイントを書いています